娘とカリフォルニア短期留学記

日々のこと。小6娘とアメリカに短期留学するまで〜

10月4日は長い

飛行機が時間通りに動き出した。

けいちゃんは背面スクリーンに釘付けで、そんなことはお構い無し。

飛行機がやけに揺れる。

多分高度が安定飛行するはずのところまでたどり着いたであろうけれど

飛行機がめちゃめちゃ揺れて、1度『もう少しで機内サービスを始めます』という

アナウンスが流れたけれど、なかなか始まらず。

ペットボトルのエビアンが配布された。

そしてCAはすごく急いで配っていた。揺れてるもんね。

 

乗ってしばらくしてから、けいちゃんがチャイルドミールをオーダーした確認しに来たので、

間違いなくチャイルドミールはオーダーされていた模様。

 

いつまでたっても揺れは収まらず、ずっと小刻みにガクガクと揺れていた。

1時間くらいしてから早々に機内食が配られた。とても慌ただしい。急いでいる。

f:id:threemonkyz:20171008161706j:plain

 

⇧これは座席の上に置いてあったもの

 

 

f:id:threemonkyz:20171008161717j:plain

 

これがチャイルドミール。

12歳の彼女には十分すぎる量。

ハンバーグもなんか美味しい。

 

f:id:threemonkyz:20171008161720j:plain

 

 

これは着くちょっと前に配布された朝食。

f:id:threemonkyz:20171008161651j:plain

 

これもスクランブルエッグとチーズが入っていてちょっとおいしい。

 

デルタはwifiが使えるので、飛んでいる最中も迎えに来てくれる方とメッセージのやり取りをしたりできたので良かったわ。

 

映画3本みたところで着陸態勢

スムーズなランディングでした。

 

飛行機を降りたらすぐに入国審査へ。

アメリカ人用に並ぶか、外国人用に並ぶか迷ったけれど、とりあえず外国人用に並ぶ。

入国審査がキヨスクっになっているのに驚きました。

キヨスクで、パスポートのバーコードをピッてして、右手か左手の指紋をとって

終了、人がブースへ行ってパスポートを提示。

何日いるか、何の目的かと前に並んでいた人みんな聞かれていたけれど

私たちは

Ok So You are Hawaiian

って言われただけ。あとは何にも聞かれず。滞在先も聞かれず。

ちょっとは聞いて欲しかった。。。

 

次は税関。

ここ。ちょっと怖い。荷物チェックみたいなのが入るから、割と慎重に。

Do you have any food?

と聞かれて、Yes,her snacksって答えたら、okだけ。

本当拍子抜け。

 

で、晴れて入国したのでした。

友人は渋滞にはまってしまったので、後10分くらいで着くとラインがきていたので、外のベンチに座ってぼーっとしていたら、やっちゃん登場!

やっちゃんとは、私の大親友。

 

まだまだ長い10月4日は続く。。。